身長を伸ばす方法ってどんなもの?

身長を伸ばす方法ってどんなもの?

効果的に身長を伸ばす方法があれば教えてください


もし身長が低くてコンプレックスを抱えているのなら、どうにかして身長を伸ばす方法がないのかどうか知りたいところです。

しかしそんな魔法のような話はあるのでしょうか?どうすれば背を伸ばすことができるのでしょうか?

まず、身長を伸ばす方法としては成長ホルモンをたっぷり分泌させる必要があります。そのためしっかり眠る必要があります。

shintyou

なぜ眠る必要があるのかと言えば、成長ホルモンは睡眠中に活動するからです。出来れば成人なら7時間は睡眠が欲しいところです。

伸び盛りの子供ならもっと多くの睡眠を必要としますから、現代人の生活に慣れてしまっている夜更かしする子供は成長ホルモンの分泌が少なくなっているので低い身長のままだと考えられます。

栄養バランスを考えたメニューは和風メインのものが多く、良い

また栄養バランスの整った食事をすることも大切です。睡眠の次に大切な要素と言っても良いでしょう。アルギニンやオルニチンというアミノ酸があるのですが、これはたんぱく質の一種で肉類に多く含まれます。

その他野菜や果物に含まれるビタミン類は必須です。亜鉛やマグネシウムなどミネラルも成長には必要な栄養素ですから、どれをどれだけ食べたか、ではなく、バランスよくなんでも好き嫌いなく食べることで必要な栄養はそろってきます。

また猫背になっている子供の場合、親が矯正させましょう。猫背であるだけで身長が低く見えますし、肩こり、腰痛の原因にもなります。

大人になってもデスクワークが増えてきた昨今では猫背の人も多いので、子供の頃からしっかり正しい姿勢を覚えておくと良いでしょう。

身長を伸ばす方法として必要な栄養素はどんなものが?メニューはどうすればいいの?

まず身長を伸ばすには食べ物から栄養を摂る必要があります。それも身長に関する栄養素をたっぷり摂ることで身長が伸びることに期待を持つことが出来ます。

まずカルシウムがありますが、骨を強くする働きを持っています。食の欧米化に伴って、なかなか今どきの子供はカルシウムを摂らなくなっていると言われています。

25142f176074d0c2444e4fd81f337d88_s

また小魚や海藻、豆腐などをあまり食べなくなったこともあり、カルシウム不足によって身長が伸び悩んでいるという傾向があります。ですからカルシウムは必須の栄養と言えます。

カルシウムは牛乳やチーズ、ヨーグルトに含まれ、大豆ならごまや豆腐、納豆などがあります。また小松菜や切り干し大根などもカルシウムが豊富ですから、これだけ見ても和風の食材が並びます。

カルシウムはマグネシウムがあると吸収力がアップするので一緒に摂取すべき

さらにカルシウムの次にマグネシウムも大切な栄養です。カルシウムの吸収をサポートすると言われていますので、マグネシウムとカルシウムを1:2の割合で摂取すると、カルシウムが効果的に吸収されます。

マグネシウムを多く含む食べ物と言えば牡蠣、ホウレン草、アーモンドや落花生などがあります。木綿豆腐にも含まれていますから、豆腐料理などを摂りいれたメニューを考えるようにしましょう。

さらに亜鉛は骨の成長に直接関与しているもので、亜鉛を全く与えずに育てたマウスは殆ど大きくならなかったというデータもあります。

そのため亜鉛不足は身長を伸ばすのには欠かせない存在なのです。納豆や豚もも肉、牡蠣などを積極的に食べましょう。

身長の伸びに重要な骨端線とは?

人間は身長がよく伸びる時期が、男子は12歳~17歳、女子は10歳~14歳です。いわゆる成長期という期間ですが、これは人間の骨の先端にある「骨端線」という軟骨が成長して伸びていくためです。

しかしこの骨端線も個人差はありますが女性だと15歳~16歳、男性だと17歳~18歳くらいで閉じてしまうことが多いです。

骨端線が閉じてしまうとい、骨の端の部分と骨の中央部は見た目が完全に同化しています。そのため、骨端線が閉じた大人になってから身長を伸ばすことは難しくなります。

骨端線が閉じるスピードには栄養や睡眠、ストレスが関係してきます。骨端線が閉じないよう必要な栄養をしっかり取り睡眠をきっちりとることが大事です。

まれに女性だと22歳、男性だと25歳くらいまで骨端線が残っていて身長が伸び続ける人もいます。

骨端線について気になった方はレントゲンで自身の膝の部分を撮影すると骨端線がどのような状態にあるかがわかります。整形外科などでレントゲン撮影が可能か確認してみてください。

身長が伸びやすい時期を逃さないこと

人間には身長が伸びる時期というのがあります。男の子のパターンで説明すると、幼児である4歳ごろから思春期となる11歳までの時期を一般的に成長期と呼び、男の子の場合は年間で5cm~8cm程度伸びると言われています。

その後は思春期を迎えますが、ここから著しく身長が伸びる傾向があります。その後2年間がピークと呼ばれる期間となり、中には年間9cmも伸びる子もいます。

その後徐々に伸び率が低下し、高校生時代は年に1cm程度しと伸びなくなっていき、身長の伸びが止まります。最終的に11歳~高校卒業までの思春期で、25cm前後伸びるのが平均的な数値となります。

この時期が過ぎて成人になってから身長を伸ばそうと思っても、残念ながら結果を出すのは難しいです。身長の伸びが悪く悩んでいる場合は、成長期、おそくとも思春期のはじまりには何らかの対策をとることが重要です。

また遺伝もありますが、成長ホルモンの分泌も身長の大きな影響を与えます。この分泌の時期には個人差があり、それを見逃さないことも大事です。男子は145cm、女子は140cm程度に達すると、身長が一番伸びやすいピークに突入するといわれています。

少しでも身長を高く伸ばすには、この時期に入ったらできるだけ睡眠をたくさん確保するようにしましょう。また極端な低身長の場合は、この時期を迎える前に医師に相談することが必要です。

環境の変化や学校生活の悩みなども発育に影響するといわれています。精神的に不安定な時期に突入しますので、できるだけストレスを感じないで過ごせるように、親はサポートするようにしてください。

子供の身長を伸ばす!実は遺伝はあまり関係ない?

子供の身長は出来れば高い方がいいですよね。よく身長は『遺伝で決まる』と言われています。しょうがないと諦めている方もいるのではないでしょうか?

しかし、最近では身長に遺伝は、あまり関係ないと考えられているのをご存知でしょうか?

日本では遺伝が関係していると考える人が多いですね。しかし、遺伝の影響の度合いは、実は25%程度であり後天的な要因が身長に影響を与えると考えられています。

そして主な後天的な要因として次の、3つが挙げられます。

それが『食事』『運動』『睡眠』です。これらが遺伝以外に身長を伸ばす要因としておよそ75%も締めているのです。

よく食べ、よく動き、よく寝る。基本的な事を大事にすることで身長は伸びていくというわけです。

また食事は栄養のバランスも大事です。足りない分はサプリなどで補助することもいいでしょう。

このように身長を伸ばすには生活習慣が大切だと分かったと思いますが、反対に身長の伸びを阻害する要因もあるのです。

それはストレスです。最近の子供は色々なところでストレスを抱えやすいものです。原因は様々ですが大きなストレスとして、いじめや両親の離婚などが挙げられます。

また愛情不足も子供はストレスとなってしまいます。正解はないところですが、なるべくリラックス出来る環境を作ることが大切なのです。

このように、『遺伝』はあまり関係なく、それよりも後天的な要因のほうが大きいのです。身長を伸ばすには生活習慣などが関係しているわけです。

ですので、環境を見直してみるのもいいかもしれませんね。

身長を伸ばすには、しっかりとした睡眠が大切

子供の身長を伸ばすためにはしっかりとした睡眠をとることが最も大切です。

寝る子は育つという言葉が昔からあると思いますが、これは科学的にも間違ってはいないということです。

人は寝ているときに成長ホルモンという、体の成長や疲労回復の効果があるホルモンです。成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、深い睡眠をしているときです。これは眠りについてから2時間くらいまでです。

ストレスなどにより、しっかりとした睡眠がとれないと、この成長ホルモンの分泌に影響が出てしまいます。

つまり子供の身長を伸ばす良い方法としては、ストレスを与えず、しっかりとした睡眠を確保することだと言えます。

最近の子供は友達と遊んでも部屋でゲームをすることが多い、寝るのも遅い子が増えています。

都会では外で遊べる環境が減っていることも原因と言えますが、できるだけ外で遊ばせて、たくさん疲れて、しっかり眠ることが子供の身長を伸ばして上げるには大切なことなのです。

よく食べて、よく遊び、よく眠る。昔から言われていることですが、これが一番というわけですね。

運動と子供の成長の関係とは?どんな運動がいいの?

身長を伸ばすのには、運動も大切です。特に最近は子供が遊ぶ場所が減っていたり、ゲーム遊びが主流になっていたりでなかなか子供が体を動かすことが少なくなってきています。

ですから意識的に運動をさせる機会を設けるようにしたいものです。

身長が伸びるポイントというのは骨の両端にある「骨端腺」という部分にあるのですが、運動することでこの骨端線に刺激が加わって、細胞分裂が活発になり身長が伸びやすくなります。

また、運動することで血行が良くなって栄養や成長ホルモンも体に巡りやすくなります。

また、運動の中でも屈伸やジャンプなど縦に伸びたり縮んだりする動きが骨端線を刺激してくれるので特におすすめです。具体的なスポーツで言うとジャンプの動きの多いバスケットボールやバレーボール、縄跳びなどがおすすめだと言えますね。

ただ、いずれにしてもひどく疲労してしまうくらいのハードな運動はエネルギーを使いすぎてしまうので逆効果です。また、体を痛めてしまう恐れもあります。

また、必ずしも運動である必要もなく、特に子供のうちは外で体を使って遊ぶだけでも大丈夫です。

日光に当たるとカルシウムの吸収が良くなりますので、骨がしっかりと強くなります。子供は出来る限り外あそびをさせるようにしましょう。

 

身長を伸ばす方法
カテゴリ
最新の投稿
サイト